NEW10月9日(日)スペシャルゲスト!!ソフィアの森斉藤ゆき子先生長久手市文化の家10:00〜参加者募集中 開催日程はこちら

口角が上がれば幸せ顔に

こんにちは!音読・朗読コミュニティかなりあを主宰しているカナリアです。

昨日も素敵な方々にご参加いただき、愛知県長久手市文化の家で音読・朗読を楽しみませんか?の開催を終えました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

次回、長久手市文化の家での開催は、9月11日(日) 10:00〜11:15 です。
また、10月9日(日)の長久手市文化の家ではスペシャルバージョンの予定。乞うご期待!!


さてさて、滑舌・発声トレーニングでは、口角を上げましょう!とお伝えしているカナリアですが、
家の中で無意識に過ごしていると、ふと鏡に映った自分の口元がへの字になっていることに気づき、
慌てて口角を引き上げ、笑顔を作るようにしています。

ここ数年、すっかりマスク生活にも慣れ、口紅やグロスを塗らない日が増えております。
その上、マスクがあるからと気が緩み、意識しないと口角が下がり、口元に緊張感がなくリラックスしすぎ状態です。

そんな時、友人から某ブランドの新作口紅、それも唇の水分量によって発色が変わるという落ちにくいティントタイプの口紅をプレゼントされたことを思い出しました。

画像をお借りしました


つけてみると、もうそのつけ心地にうっとり。大満足。
そして、水分量によって変わるという発色を楽しんでみたくなり、唇の保湿に励んでから口紅を塗ってみると。。。

心なしか、発色が鮮やかに。なったような気がする。。。

そして、なぜか、子供の頃、母の口紅をこっそり塗って、オバケのQ太郎のようになった記憶がよみがえってきました。

さあ!ルージュをひいて、口元が鮮やかになったら、仕上げに口角を引き上げましょう。

にっこり微笑んで歯を見せると、カナリアの歯には口紅が。恥ずかしい。。。

気を取り直して、唇をティッシュオフし、口角を引き上げると。。。幸せ顔です!!

気づいたら、この口元のポジションを意識して、1日を過ごすよう心がけているカナリアでした。

長久手市文化の家
長久手市文化の家





長久手市文化の家

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次